おすすめしたいアニメはたくさんあるよ!

鬼滅の刃以外にも面白い、見ごたえのあるアニメはたくさんあります!ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。

おすすめしたいアニメはたくさんあるよ! その50「推しが武道館いってくれたら死ぬ」☆☆☆☆☆

今日は『推しが武道館いってくれたら死ぬ』をご紹介いたします。今時刻は5月17日12時10分前。もう寝ようとしていたら、「週刊はてなブログ」で次の記事を見て、この文書を書き始めることになりました。

blog.hatenablog.com推しの世界は、このアニメを見ていなかったら、言葉の意味すら分からなかったと思います。

現在、この作品はDアニメで見れますが、公式サイトやアマゾン等でも視聴できたり、映像作品を取り扱っていますので、見ることは容易だと思います。

anime.dmkt-sp.jp

f:id:uribouwataru:20210517235813p:plainf:id:uribouwataru:20210517235918p:plain

 

岡山県在住の主人公は、マイナーなアイドルメンバーの舞菜の熱狂的なフアン。いわゆる「推し」に人生を捧げている女性。以前番組で見たヤクルトスワローズの応援団長になぜか重なるものを感じます。

彼女は収入のほとんどすべてを「推し」につぎ込むので、服は高校時代の赤ジャージのみ。彼女が推すのはマイナーなアイドルグループの中でもあまり目立たない「舞菜」。

収入や時間、人生のすべてを賭けて、コンサートやイベントで「推し」の名前を叫ぶ彼女の姿が、とても「痛く」「かわいい」です。

推しの意味も分からず、「積む」という行為も知らなかった私。会社の片隅に山の様に置き去りにされて、半ば捨てられるように放置されていたCD。なんで同じものをこんなにたくさん買うバカがいるんだ!

握手券の為に同期の50代半ば過ぎの男が行っていた行為の意味が、このアニメを見て初めて分かった気がします。

「週刊はてなブログ」を見て、寝るのが30分も遅くなってしまいました。

 

 
次の2つのブログランキングに参加しています。クリックいただけると、励みになりますし、とってもうれしいです!
   にほんブログ村 アニメブログへ  

  

[キャスト]
えりぴよ:ファイルーズあい/市井舞菜:立花日菜/五十嵐れお:本渡 楓/松山空音:長谷川育美/伯方眞妃:榎吉麻弥/水守ゆめ莉:石原夏織/寺本優佳:和多田美咲/横田 文:伊藤麻菜美/くまさ:前野智昭/基:山谷祥生/玲奈:市ノ瀬加那
[スタッフ]
原作:平尾アウリ(徳間書店リュウコミックス)/監督:山本裕介/シリーズ構成:赤尾でこ/キャラクターデザイン:下谷智之、米澤 優/CGディレクター:生原雄次/色彩設計:藤木由香里/美術監督:益田健太/美術設定:藤瀬智康/撮影監督:浅村 徹/編集:内田 恵/音響監督:明田川 仁/音響効果:上野 励/音楽:日向 萌/アニメーション制作:エイトビット
[製作年]
2020年
©平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会

f:id:uribouwataru:20210518001338p:plain